パパ活アプリ

私の娘は15歳の時に交通事故で亡くなりました。娘とはよく喧嘩をしていましたが、それでも娘は娘。亡くなってからもう5年は経つけれどまだ孤独感が消えません。そして、妻とはこのことがきっかけに家庭内別居になってしまい会話すらない状態です。何回か今の生活を変えよう引っ越したり、妻にも外に出て働くことを勧めましたがダメでした。引きこもりが続き、正直離婚も考えましたが息子に反対され今もこの生活が続いています。そんな私は風俗やキャバクラではなくパパ活アプリを利用して1人の女の子と仲良くなりたいと思い利用しました。

出会った彼女は20歳。娘が生きていたら同じ年でした。娘と同じたれ目で、背が低い。明るいけれど不器用な彼女に娘と重なってしまい、彼女が生活に困っていたら支援するようになりました。
アプリでのパパ活
「パパは私とキスしたくないの。」「したいよ。でも、何故か君は亡くなった娘と重なってしまい、したいけれどしたくない気持ちなんだ。」「面白いね。じゃぁ、手だけ握ってあげる。」彼女の手はすごく暖かく何故か涙を流してしまいました。「パパ大丈夫。」「ごめんね。なんか嬉しくて。」大の大人がなく姿に彼女は驚いていました。

それから1週間後、再び彼女に会いましたが、いつもと違って彼女の家に招待してくれました。一人暮らしでも整理整頓がきちんとできている部屋でした。「いつも助けてくれるパパに手作り晩御飯をご馳走します。」彼女の優しさに再び嬉しくないてしまう私。「泣かないで、ほら食べて。」私はいい娘が出来たと心から思いました。
食事デート
愛人契約